羽田空港・新着陸ルートを新宿から見上げる

羽田空港・新着陸ルートを新宿から

都庁の上空を通る飛行機。航空会社を見分けることのできる距離です。

スポンサーリンク

羽田空港・新着陸ルートを新宿から見上げる

羽田空港への新着陸ルートについて、テスト運用が始まりました。

飛行機はこれまで房総半島の君津あたりから東京湾を挟んだ羽田空港に着陸していましたが、東京の周囲をぐるっと埼玉県まで回って山手線の西側の付近を通って羽田空港へと下降して行きます。

また、北海道や東北、ヨーロッパからのフライトはそのまま北から羽田へと下降していきます。

2ルートがほぼ同時に下降することもあり、西新宿では頭上から左右同時に南へと下降していく様子が見えます。

2ルートで同時に着陸している様子です。パークハイアット、オペラシティの上空をそれぞれ下降していく様子が見えます。

ほぼANAやJALですが、エアカナダなどの外資系の航空会社も飛んでいました。

福岡からのA350でした。パークハイアットのニューヨークグリルなどからはもっと近くに見えているのでしょうか。

初台の上空を降りていくエアカナダ機

初日は近所の人たちが外に出てきて見上げていました。皆さん不思議そうに見上げたり、子供たちが数を数えたりしていました。

私は非常に遮音性のある建物に住んでいますが、飛行機が下降していく音は結構大きく聞こえます。あまり遮音性のない建物や一軒家では、もう少し大きく聞こえている可能性もあります。

西新宿でこの大きさですから、もう少し南下した渋谷や品川周辺では更に大きいものと思われます。

個人的には飛行機が好きなので全く気にならないのですが、音の印象は人によって大きく変わります。自身が飛行機に乗る機会が多いか否か、などによっても心証は異なりそうです。

羽田空港の発着ルート変更で都心西部への影響は。京急、モノレールは駅の名称変更
試験運用開始で都庁の上空を下降している飛行機。 3月に大きく変わる羽田空港。発着ルート変更、第2Tの国際化で駅の名称変更 政府は羽田空港の国際化を進めており、2020年の3月に羽田空港が大きく変わります。 1)発着枠の拡大...

 

コメント