【大塚駅】ってどんな街?都電が唯一山手線と交差する駅

スポンサーリンク

【大塚駅】ってどんな街?都電が唯一山手線と交差する駅

大塚駅は東京都豊島区にあるJR山手線と都電荒川線の駅です。山手線で池袋から一つ目にありますが、新宿や渋谷とは反対側にあることもあり、少し地味な印象の駅です。

三ノ輪と早稲田を結ぶ都電が唯一JR山手線と交差する駅です。

都電は他に町屋駅王子駅雑司が谷駅などで他線に接続しています。

大塚駅周辺

駅前はビジネスホテルやオフィスビルが並び、駅の規模にしては不思議なほどにビルが林立しています。しかしビルの間には庶民的な商店街が広がっているなど、独特な雰囲気があります。

大塚駅周辺を散策

大塚駅北口〜話題となったOMO5

JR山手線と都電荒川線の交差する大塚駅。

目立たない駅ですが、駅前はオフィスビルが林立しています。放射線状に道路が伸び、その中を都電荒川線が王子駅方面に向かって走っていきます。

駅前ロータリー

ビジネスホテルのR&B、そして奥に見える『OMO5』というのはニュースでも話題になった、星野リゾートの運営するホテルです。このホテルの影響か、外国人観光客が大塚駅にも多くいました。

OMO5の2階にはアメリカのレストラン(日本での運営はロイヤル)シズラー大塚店が入っています。シズラーは自分や家族の誕生日を前月までに登録しておくと20%割引で食べることができます。ランチはサラダバイキングだけでしたら1500円ほどでたべれますので、なかなか楽しいです。

OMO5の裏側は都電荒川線の線路になっていました。

都電は利用客数の割に本数が少なめなのか、いつも満員です。

ビルやマンション、ビジネスホテルが林立していますが、間には商店街が断続的に広がっています。飲食店やスーパーなども多く、単身やファミリーでも住みやすそうな街並みです。

この近くには日本で2番目にできたゴールドジム(1番目は南砂町)があります。

大塚駅南口

南口にはJR系列のアトレVieがあります。中にはロフトやスターバックス、JR系のスポーツクラブ・ジェクサーが入っています。

庶民的な、どちらかというと男性的なイメージだった大塚駅ですが、女性や家族連れでも楽しめるようなお洒落な要素も加わりつつあります。

とはいえ、駅前を見ると昭和感の残るパチンコも。

南口は東京では珍しく、昭和の街並みが残っています。

細い路地に飲食店が連なります。

ランチタイムだったので、近隣で働く方などで賑わっています。

八百屋さんなども。

昔からありそうな喫茶店も多くありました。住んだらなかなか面白そうな街です。

神社がありました。こちらは大塚天祖神社(てんそじんじゃ)と言うそうです。

荒川線の線路に出ました。こちらの先は東池袋、早稲田方面です。大塚駅はやや低地になっていますので、都電は大塚駅を出ると坂を登っていきます。

この先の分譲賃貸マンションの物件を見学にいったことがありますが、起伏の多い土地にマンションやビルが林立していて、都会的な光景が印象的でした。

大塚って昔は大都会だったのでは?と不思議に思うほど、ビルやマンションが密集しています。平均的なビルの高さが高いと言いますか。

大塚駅構内図(JR東日本)

コメント