西新宿〜初台の光景が激変も。西新宿3丁目再開発計画が始動

西新宿〜初台の光景が激変も。西新宿3丁目再開発計画が始動

西新宿3丁目再開発計画が始動!

西新宿3丁目の再開発の計画が具体化されました。西新宿と言っても広いのですが、西新宿3丁目は「パークハイアット東京」と初台の「オペラシティ」に挟まれた一角です。

上の赤で囲ったところが、主な再開発対象地域になります。赤い枠の右側は十二社通り沿いにビルが立ち並んでいて、今回は大半が再開発の対象にはならないようです。

再開発の完成予想図が通り沿いに貼られていました。

二つの超高層タワーマンションとなるようです。現在は都庁、パークハイアット(パークタワー)という丹下健三氏の作品、白亜のオペラシティタワーの美しいスカイラインが特徴となっている地域です。

新しい二棟のマンションは新宿のスカイラインにとって、とても重要になります。

完成した際のスカイラインの様子(新宿区ホームページより)

新宿駅の反対側にあるタワマン「富久クロス」などは夜はライトアップされていて遠くから見ても綺麗なので、西新宿3丁目計画の2棟も何らかの形で夜景への貢献があると楽しいなと思います。

激変する水道通りからの光景

現在の西新宿3丁目の光景です。西新宿小学校の付近から見た様子ですが、一軒家にアパート、町工場などが並んでいます。

パークハイアットの付近がなぜか暗く感じるのは、この辺りの住宅街が整備されていないことや、お店が少ないこと、新宿中央公園のパークハイアット側が少々雑然としていることに一因がある気がします。

この再開発が終わると、かなりの開放感が生まれそうです。

水道道路上空からとあります。水道道路というのは、西新宿3丁目と4丁目を隔てる道路で、パークハイアット東京やワシントンホテルのエントランスがある道路です。

新宿側の建物は、一部は解体されるようです。

現在の水道道路、西新宿3丁目付近。京王バスの西新宿小学校のバス停があります。

写真の右手は西新宿4丁目なので特に再開発の予定はなく、左側が大きく変わることになりそうです。

ここの「マルエツプチ西新宿三丁目店」も再開発が本格的になれば無くなってしまいそうです。

この水道道路は幅を拡張し、広くなるようです。現在は歩道も狭く、歩行者と自転車、車やバスが行き交い危険を感じる場所でもあります。

初台駅のオペラシティへと繋がる歩行者デッキが完成するようです。京王線の初台駅までは少し距離がありますので、新宿からバスなどで訪問する人も多くなりそうです。

大きく変わる西新宿3丁目

再開発が目白押しで変貌を続けてきた西新宿ですが、大半が青梅街道近くの西新宿五丁目、六丁目などでした。今回は初台寄りの西新宿三丁目の再開発により、甲州街道側が大きく変わることになりそうです。

オリンピック後に始動する新宿駅西口の再開発もあり、これから西新宿は大きく変わっていきそうです。

 

再開発の地域や完成図の詳細は、新宿区のホームページに記載されています。

新宿区 西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業(PDF)

再開発カテゴリの最新記事